ふるさと納税

ふるさと納税の動向






style="display:inline-block;width:120px;height:240px"
data-ad-client="ca-pub-3012507391316008"
data-ad-slot="4981573110">

2008年度から導入されたふるさと納税ですが、2016年度は総額が2000億円を超えたようです。

私達一般市民には好きな自治体に寄付をすると住民税や地方税が軽くなり、しかも返礼品がもらえると言うことが人気です。

一方で、ふるさと納税の返礼品競争が激化し、返礼品代が寄付額の半数近くを占める自治体も多くなったということで、2017年4月には総務省は、ふるさと納税の返礼品の高額化競争の抑制を自治体に通知し、寄付額に対する返礼品の割合を3割以下にするという上限を新たに設定しました。

ふるさと納税の返礼品に対する意見、評価は様々で寄付や納税に対して返礼品はおかしいと言う考え方もあるようです。しかし、返礼品があることで、都市部に比べて税収が少ない地方を応援する寄付金が集まったことも事実です。

今後の課題としては、更にふるさと納税の裾野を広げ、参加する自治体が増えてくること、そしてふるさと納税をする私たちが自治体を選択する折に、返礼品だけでなく、その寄付金の仕様用途、目的を理解したうえで選び、寄付した後もどのように使われたのかをきちんと見守ることが必要ですね。


今更聞けないふるさと納税の仕組み



大人気のふるさと納税ですが、最近知ったので詳しくはわかっていないという方もいらっしゃるかと思います。


市販の本や雑誌に詳しく書かれていますが、このサイトでも簡単にご紹介しています。参考にしてください。

  ・ふるさと納税とは
  ・ふるさと納税の魅力1(寄付する自治体が選べる)
ふるさと納税の魅力2(お礼がもらえること)
  ・ふるさと納税の魅力3(所得税・住民税の控除が受けられる)
  ・ふるさと納税がお得なわけ


ふるさと納税のやり方



ふるさと納税の最も基本的なやり方は、ふるさと納税を実施している地方自治体に直接申し込み手続きをすることですが、結構面倒です。

総務省が主管していますので↓こちらを参考にしてください。

参考:総務省 ふるさと納税 ポータルサイト 
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

ただ、自分ですることが多いですし、目的の地方自治体を探すのも大変です。
また、このサイトから目的の自治体を見つけ出し、申し込みをしようとすると他のポータルサイトに誘導されることが多いので、それなら最初からそうしたふるさと納税のポータルサイトに行ったほうが楽にすすめることができます。


こうしたふるさと納税専門のポータルサイトを利用すると、地方自治体を見つけることも用意ですし、キーワードを用いた検索も充実、また特集なども組まれているので使いやすいです。加えて、クレジットカードで申し込めますので手続きも簡単になります。


ふるさと納税専門のポータルサイトとアマゾン、楽天、Yahooなどからも申し込めますのでピックアップして置きます。


ポータルサイト

1位
ふるさとチョイス
ふるさとチョイス
登録自治体数1,788自治体という最も酸化の多いポータルサイトです。
ふるさとチョイス単独で取り扱っているものもありますし、返礼品の選定もいち早く金額の上限、換金率の高い返礼品の自粛など掲載基準を設けました。
ただ、自治体によってはクレジットカード決済が出来ないところがありますので注意が必要。個人的感想としてはサイト自体の使い勝手がいまひとつという点が課題でしょうか。
2位

さとふる
登録自治体数は2016年末で計135県市町村、その後も毎月取り扱い自治体が増えています。
登録自治体数はふるさとチョイスに及びませんが控除シュミレーターなど納税者に優しい機能があり始めての人にも納税しやすいと思います。特集やカテゴリーが豊富で探している納税先を見つけやすいと思います。今後、どこまで参加自治体を増やすかが課題でしょう。
3位

ふるなび
掲載している自治体数は少ないです。昨期はPCや電化製品の取り扱いの多いサイトでした。特色を出すサイトで、高所得者向けふるさと納税代行サービス、「ふるなびグルメポイント」など独自サービスを提案しています。
課題はやはり取り扱い自治体数の拡大ですね。
4位
ふるさと納税F×G(エフバイジー)
ふるさと納税F×G(エフバイジー)
返礼品で納税先を選ぶのでなく、仕様用途で選んでもらおうと、使用目的を明示し共感を呼びかけ寄付を募る自治体を応援するサイトです。
まだまだ、掲載サイト数は少ないですが、使用目的がしっかりと理解でき応援したくなります。
5位
総務省
総務省
ふるさと納税の総元締めの総務省の専用ポータルサイトです。過去の実績数などデータもあります。
すべての自治体の掲載はあるものの、手続きを進めるにはすべてリンク先をたどらなければなりませんので使いにくいです。


ショッピングサイト

多くの方が使い慣れている大手ショッピングサイトでもふるさと納税の取り扱いは行っています。ポイントも貯まりますし、勝手がわかっているという方には手軽でオススメです。




Yahoo ふるさと納税

アマゾンの
ふるさと納税

楽天ふるさと納税
特産品


  ////////// P R ////////////

たびらいツアー予約

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


エステ体験で合計─8cmやせる【エルセーヌ】






さとふる