ふるさと住民票

ふるさと納税を採用している自治体にとって
納税者がリピーターに出来ればこれほど望ましいことはないと
いえますよね。

そういう狙いも含めて、ふるさと納税の納税者にふるさと住民票を
発行をしている自治体がいくつかあります。

鳥取県日野町、徳島県佐那河内村、それに2017年3月より
香川県三木町が始めます。

三木町ではふるさと納税者だけでなく、町出身者それに
三木町内に通勤している人も対象としてふるさと住民票を発行するそうです。

町の特産品が抽選で当たるキャンペーンに加え、希少糖を使った化粧品の体験
イチゴ狩りの体験ツアー、町長との会食などへの参加をよびかけ
まちづくりにも参加してもらおうとする試み。
会報誌が年2回届き、図書館が簡単な手続きで利用できるようにもなるそうだ。


町おこしや移住の促進をしていきたいということである。

資金集めだけでなく人集めにも使えるふるさと納税ですね。