ふるさと納税の魅力1(寄付する自治体が選べる)

ふるさと納税の魅力1は、
寄付する自治体を自由に選べること。


もちろん、自分にゆかりのある地に寄付をしたいという方もいます。


地震や風雨、土砂災害の被災地へ支援活動として寄付をしたいという方もいらっしゃいます。


ただ、寄付をしようにも胡散臭い団体に委託するのは嫌だし、現金や品物を送るというのも方法が煩雑であることも確かです。


その点、このふるさと納税は、ネットで寄付をする自治体を選び、申し込みから決済まで簡単に出来るのです。


2016年10月現在でさとふる117自治体、ふるなびで2016年8月現在で46自治体となっており、現在準備を進めている自治体も沢山あるようです。


申し込みの手順は、さとふるや、ふるなびのホームページにいき、寄付をしたい自治体のページを開き、寄付する金額に見合ったお礼の品を決めて、申し込むだけ。


これで、お礼の品がおうちに届きます。


魅力の3である税金の控除を受けるためには、寄付をした自治体から寄付の証明書が届きますから、これを保管しておいて、翌年の確定申告をすることで、還付されたり、減額されたりします。